【初心者版】クラウドソーシングでオススメなサイトは2つだけ

クラウドソーシングは副業の中でも人気で、今では利用者も徐々に増え続けています。

でも、今からクラウドソーシングを始めたい初心者の方は一体どこのサイトを使ったらいいのかわかりませんよね。

検索で調べても、色んなサイトがたくさん紹介されていて結局どこを使えばいいの?となってしまいます。

一番稼ぎやすいクラウドソーシングってどこなの?

シロクマくん

ユウ

クラウドソーシングでお金を稼ぎたいなら、ランサーズクラウドワークスが鉄板だよ!

そこで、今回はクラウドソーシングを3年ほど利用している私が初心者でも稼ぎやすいおすすめのサイトを紹介していきます。

クラウドソーシングでオススメなサイトは2つだけ

結論は、ランサーズクラウドワークスの2つのサイトを使っておけばOK。

 

どちらも会員数トップクラスのクラウドソーシングでは有名なサイトです。この両方のサイトを併用する感じで問題ないかと。

 

理由は次の3つです。

  • 案件数が多い
  • 初心者でも仕事を受注しやすい
  • ネット上に情報が多い

案件数が多い

さすが両方とも利用者が多いだけあって仕事ができる案件の数はかなり多いです。

 

案件が多い=稼ぎやすいと言うことなので、あまり使わない手は無いかと。

 

あと、これだけ案件数が多いと相場もある程度のところで固まってくるので、初心者がワリに合わない作業をさせられることが少ないです。

 

  • ライティング(記事執筆)
  • WEBサイト構築
  • WEBデザイン
  • アプリ制作
  • データ入力などの単純作業

 

とりあえず上記のような作業をしたい人には、案件不足で困る事はないでしょう。

 

ランサーズやクラウドワークスでも稼げない人は、ぶっちゃけ他のクラウドソーシングでもキツいと思います、、

仕事を発注したい人にもおすすめ

案件が多いのもそうですが、受注して作業してくれる人もたくさんいます。

 

特に一気に大量発注して、量をこなして欲しい時とかに使えますね。なので、仕事を発注する側の人にもランサーズとクラウドワークスはおすすめです。

初心者でも仕事を受注しやすい

何のスキルもないけど大丈夫かな?と思っている人でもできるようなタスク作業もいっぱいあります。

 

タスク作業とは、不特定多数の人に作業をしてもらうことです。単価は低いですが、誰にでもできるような作業なので空き時間を使ってできたりします。

 

最初はタスク作業をこなしながら、クラウドソーシングでお金を稼ぐ感覚をつかんでいくといいと思います。

ネットに情報が多い

ランサーズやクラウドワークスは利用者が多いので、わからないことや困ったことがあっても調べれば大体すぐにわかります。

 

また、サイトの運営サポートも手厚いので基本つまずく事はないですね。

 

実際に稼いでる人の体験談記事なども、ググればたくさん出てくるのでめっちゃ参考になります。

 

中には、ランサーズやクラウドワークスだけで月100万以上稼いでる猛者達もいるので、案件の取り方とかどういう風に作業しているのか、そういった情報はかなり勉強になりますよ。

クラウドソーシングで収入を得るためにやっておきたいこと

最後に、クラウドソーシングで稼ぐにあたって、やっておくと良いことを紹介します。

 

ちょっとしたことなのですが、意外にできていない人が多いので、やっておくと他の人より一歩リードできます。

 

  1. プロフィールを作りこむ(自己紹介文)
  2. 最初は単価が安い案件でもやる。そして、実績をためる
  3. 一つ一つの仕事を全力でやる

 

順番に説明していきますね。

①プロフィールを作りこむ(自己紹介文)

タスク作業をする場合はプロフィールを書いてなくてもあまり気にされないですが、プロジェクト案件を受注するためには、しっかりとしたプロフィールを書いておきましょう。

 

プロフィールに書くべき内容は下記の通り。

 

  • スキル(何が得意なのか?)
  • 簡単な経歴(どんな人物なのか?)
  • 今までやってきた案件(あればでOK)

 

自分は何もスキルを持ってないという人は、やりたい仕事や好きなジャンルでもいいので書きましょう。

プロフィールを見てくれた人から、案件を依頼されることもあります。

 

例文①

例①:はじめまして、プロフィールをご覧いただきありがとうございます。5年ほどWEB業界に携わっており、現在はフリーで活動しています。

HTML、CSS、PHPによるシステム制作が得意です。クライアント様に満足いただけるよう、最後まで真摯に対応いたします。よろしくお願いします。

例文②

現在3人の子供を育てている主婦です。ライティングが得意で、おもに子育てや美容に関する記事を執筆しています。主婦の目線から、わかりやすい文章を心がけております。お仕事の依頼がありましたら、ぜひメッセージよりご連絡ください。

 

上記のような感じで大丈夫。

 

一番ダメなのは、プロフィールが空白なことです。発注者側からすると、よくわからない人には大事な仕事ほど任せたくないものです。

②最初は単価が安い案件をこなして実績をためる

ランサーズやクラウドワークスでは、案件を最後までこなす毎に星マークの実績がついていきます。初心者の場合は、もちろん0の状態から始まるわけです。

 

この状態で単価の高い案件を受けようとしても、、たぶん無理でしょう。

 

クライアントは受注者を選ぶうえで、その人のスキルもそうですが最後まできちんと仕事をやってくれるのかを含めて、やっぱり実績を重要視します。

 

最初は安い単価から案件をこなしていき、実績をためていきましょう。

 

  • ライティングなら文字単価0.5円~0.8円
  • バナー作成なら1件5千円
  • HP制作なら1件5万円

 

だいたい初心者は上記が目安です。

③一つ一つの仕事を全力でやる

「え、そんなの当たり前じゃん!」とわかっている人は問題ナシ。でもやれてない人は結構います。

 

受注者側はお金稼ぎのためにやっているとはいえ、いい加減な仕事をされると発注者側は萎えます。

 

私もたまにライティングを発注依頼することがあるのですが、やっぱり適当に文章を書いている人はわかりますし、逆に多少文章は稚拙でも一生懸命書いている人は伝わります。

 

後者のようであれば、単価を上げてでもまた仕事を発注したいと思いますし、前者には、二度と仕事を依頼することはありません。

 

なので、クラウドソーシングというオンライン上でもリアルと同じように与えられた仕事は最後まで真摯にやり遂げるようにしましょう。

まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です